【茨城エリア】店内CM放送テキストのご案内

2018夏(8月後半)放送の内容です。 

【焼肉(ホルモン焼き)】 

暑い夏のスタミナ料理といえば、そう「焼肉」ですね! 体力の消耗が激しいこの季節にはバッチリなメニューですが、やはりどうしても気になるのがカロリーですよね。 カルビにハラミ・・・う~ん食べたいけど迷っちゃう……。 そこで、低脂肪で低カロリー!「ホルモン焼き」はいかがでしょうか。ホルモンは、亜鉛、鉄、銅などのミネラル分が豊富に含まれているため、暑さでぐったり夏バテ対策にもおすすめです。 また、女性に嬉しいコラーゲンも多く含まれているため、美肌効果にも期待が持てます。 コラーゲンはビタミンCと一緒に摂取することで、体に取り込みやすくなると言われておりますので、是非レモン汁をかけて召し上がってください。
さらに野菜と一緒に炒めて食べれば、食物繊維も同時にとれて栄養バランスも整います。低脂肪で低カロリー!ヘルシーでパワーアップ!言うことなしホルモン焼きはいかがでしょうか。おすすめです!

夏野菜(ゴーヤ)】 

健康一番!夏野菜の代表格ゴーヤ。食卓にも並ぶことも多くなり定番の野菜になりつつありますよね。ただ、独特の苦味が苦手という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 ゴーヤはタネとその周辺の白いワタを取り除き、軽く塩もみをしてさっと茹でると、苦みを大幅に軽減できておいしくいただけます。ゴーヤと言えば、何といっても豚肉と炒めるゴーヤチャンプルーですよね! 食べ合わせの相性もバッチリですが、ゴーヤに多く含まれるビタミンCと豚肉に含まれる代表的な栄養素ビタミンB1は、ともに疲労回復に効果的な栄養素と言われているため、暑さでバテ気味のこの季節には、まさにうってつけのメニューなのです。卵や豆腐も入れれば、たんぱく質倍増で、ヘルシー度がぐーんとアップ! ゴーヤで体力チャージ!ゴーヤでGO!

【防災の日】 

9月1日は防災の日。『そなえあれば憂いなし』と良く言われますが、食料品や飲料水の備蓄はお済ですか。台風や地震など災害により、ライフラインがストップすると飲料水はもちろんのこと、生活用水も大変不足してしまいます。人1人当たり1日最低約3リットルの水が必要だといわれています。そのため、日頃から空いたペットボトルやポリバケツ、また、お風呂に水を溜めておくなどの心がけが大事です。また、懐中電灯や携帯ラジオに必要な電池のストックも意外と忘れがちです。備蓄した食料品は賞味期限のチェックをして、期限前に消費して再度備蓄するローリングストックもお忘れなく。いざという時のため、この機会に防災の備えを見直してはいかがでしょうか。 

【梨】

甘くしゃりしゃりとした瑞々しい食感、今年もおいしい梨の季節がやってきました! 梨は、日本で栽培される果物の中でも歴史が古く、弥生時代にはすでに食べられていたようで、日本書紀にも栽培の記述が残っているそうです。おいしい梨の見分け方は、形がよく果皮に張りがあり、同じ大きさなら重みがあるもの、また軸がしっかりとして、果皮にむらがなく、ふっくらと丸みがあるものがおすすめです!二十世紀梨などの緑色のものは黄色っぽいもの、豊水などの茶色の梨は赤めのものがより甘味がありおいしいですよ。まだまだ暑いこの時期、冷たく冷やした梨を食後のデザートにいかがですか。

 【新学期スタート】

夏休みは生活が不規則になりがちです。夏休みも後半に入るこの時こそ、生活のリズムを取り戻すチャンスです。一番は睡眠をしっかりとる事。二番はやはり食事ですね。生活リズムのスイッチを朝型に切り替えるおすすめは『朝カレー』。カレーに含まれるスパイスは脳内の血流量を増加させたり、体の交感神経を刺激して脳も体も活性化、朝から集中力が上がると言われています。また、体の抵抗力を高める作用があるので風邪をひきにくくなる効果も期待でき、野菜をたっぷりと入れる事で栄養バランスも取る事ができます。『朝カレー』で夏の疲れを取り、新学期に向けて体のスイッチを切り替えてはいかがですか

 【夏のにゅう麺】

夏は冷たい飲み物と冷房で身体が冷える事が多いですね。そんな時のおすすめはあつーいにゅう麺。冷たい素麺はもう飽きたという方にピッタリ。にゅう麺のスープは何でも合います。かつおダシにそばつゆも美味しいですが、鶏ガラスープを使った塩スープやとんこつスープ、キムチや唐辛子を入れたちょい辛スープ、カレーとスープを混ぜたカレーにゅう麺もオススメ。とっても家計に優しく、バリーション豊かなにゅう麺で、あつーい夏を乗り切りましょう!!

 

 

 

 

2018夏(8月前半)放送の内容です。 

【夏野菜】 

夏の強い日差しをたっぷりと浴びて育つ夏野菜たち。お日様に負けないくらい赤く熟したトマトや、瑞々しさいっぱいのキュウリにレタスは、何と言っても生で食べるのが最高に美味しいですよね。青紫蘇やミョウガの千切りを散らして、和風ドレッシングをかければ、さっぱりとした夏の味覚サラダの出来上がりです。また、油との相性がいいナスやピーマンは炒め物や天ぷら、挽肉のはさみ揚げなどがおすすめです。美味しくって栄養満点、夏野菜をモリモリ食べれば元気いっぱい!当店青果コーナーにフレッシュな夏野菜が勢ぞろいしております。どうぞご利用下さい!

 

【8月の涼味】

お口ひんやり、のどごしさわやか! 冷やしうどんにざるそば、つるつるそうめんなどの冷たい麺類は、猛暑が続く今年は特に主役級の活躍を見せてくれます。シンプルなだけに工夫したいのはトッピングですよね。常備しておきたいネギ、海苔、ゴマなどのほかに、おすすめするのはオクラです。オクラのネバネバ成分であるペクチンは、腸を整える効果があると言われているため、ついつい冷えたものを食べ過ぎてしまうこの時期にはもってこいの食材です!おくらと一緒に、半熟卵をつけ合わせれば簡単に栄養も美味しさもグレードアップします!是非お試しください。暑い日の食卓に、食欲を注ぐ冷たい麺類。 当店がお届けする新鮮食材と一緒に、お楽しみください。

 

【レンジで簡単ドライカレー】

暑い夏の日は、キッチンでもなるべく火をつかわず、ササッと簡単に料理ができたら嬉しいですよね。そこで今回ご紹介するレシピは、電子レンジで作る 簡単「カラフルドライカレー」です。材料は、合挽肉、玉ねぎ、ピーマン、人参、コーンです。先ずは、玉ねぎ、ピーマン、人参をみじん切りにします。みじん切りにした野菜をボウルに入れ、合挽肉とコーンを加えます。 味付けにカレー粉、ケチャップ、マヨネーズ、醤油をそれぞれ適量加えて よく混ぜ合わせます。クッキングシートで材料を包み、蒸し焼き風にしてレンジで4分加熱します。加熱後、2分ほど蒸らして、全体を混ぜ合わせたらあっという間に完成です。火を使わずに安心して簡単に作れますので、夏休みにお子様と一緒に作っても楽しいですね。簡単なのにボリューム満点!家族みんな大満足な、レンジで簡単カラフルドライカレー、是非お試しください!

 

 

【BBQ(バーベキュー)】

夏真っ盛り、アウトドアシーズン到来です。アウトドアといえば、バーベキューですよね。家族や仲間と外でワイワイ楽しく焼いて食べるお料理は格別です。バーベキューの主役といえば何といってもお肉ですね。そして、お肉はやっぱり柔らかい方が食べやすくて美味しいですよね!そこで今回は、お肉を柔らかくする下拵え方法をお伝えします。といっても、その方法は実に簡単シンプルです。擦り込んだタマネギと一緒に一晩漬け込んでおくだけ!これだけで、お肉は柔らかくなるのです。また、お好みでお酒、醤油、蜂蜜、ニンニクも一緒に揉み込んで漬けておくと尚、美味しくいただけますよ!是非お試しください。アウトドアでバーベキュー!ご家族や仲間たちとみんなで楽しくワイワイ、夏を満喫してください!

 

【お盆】

にっぽんの夏に行われる大切な伝統行事といえば、お盆です。親戚一同でご先祖様の霊をお迎えして、感謝の気持ちを伝える風習は大切にしたいですね。家族が集まる夏のひととき。「お帰りなさい・・」のおもてなしには、ぜひ当店をご利用くださいませ。新鮮な素材を盛り込んだお刺身やお寿司、夏野菜の天ぷらやお惣菜のオードブルなど「ごちそう」メニューを豊富にご用意致しております。ご先祖様を思い偲びながら、笑顔で囲むお盆の食卓。ご家族皆様でごゆっくりとお過ごしください。

 

【夏のアツアツ鍋】  

暑い日が続きますね。そんな日は食事も冷たいサッパリメニューになりがちですが、体が冷えるメニューばかりではスタミナがつかず、夏バテの原因となります。そこで暑い夏にはアツアツの辛い鍋はいかがですか?「夏にお鍋?」と感じるかも知れませんが、夏に熱い鍋を食べると発汗作用が高まり、汗をかくことで体温の上昇を防いでくれます。さらに、キムチチゲ鍋やカレー鍋など辛味成分が入ったお鍋は、胃を刺激し食欲増進の効果が期待できるので、「夏」にピッタリなお鍋ですよ。今年は夏の暑さを忘れて元気にしてくれる「夏のアツアツ鍋」に挑戦してみませんか。

 

PageTop